モンスターペイシェントへの対応

医療の現場に立って病気に苦しんでいる患者に、手厚い看護していきたいという慈愛精神に満ち溢れた女性は大勢います。幼少の頃から、看護師の活躍するストーリーに憧れて将来は看護師になりたいと考え、期待と夢を胸に病院に就職するという人が多いでしょう。そういったストーリーの中では、患者は医師の治療を受けられることに感謝し、つらいことがあっても看護師がサポートしてくれることによって闘病生活を頑張り通せるという成功談が典型的です。その中では医師や看護師は患者に対して優位に立って導き、患者がその導きに素直に従っていくという面が強いのが特徴的とも言えます。しかし、現実として病院で働いてみると、患者が優位に立ちって医師や看護師に対して多大な要求をしたり、理不尽な不満を告げたりするという状況が多くなっているのです。医療はサービスの一つであり、そのサービスを受ける側にあたる患者は、その要求を自由にできるものだと考える流れが強くなっています。そのような患者は、しばしば医療業界ではモンスターペイシェントとして恐れられているのです。しかし、モンスターペイシェントへの対応というのはストレスにはなるものの、それほど難しいものではありません。モンスターペイシェントは、苦情や要求を言うことが目的になっている場合が多いので、素直に話を聞いて相槌を打ってあげるだけで満足してくれることもあります。それで実際に改善がなされなくても、それを理由にまた苦情をいうことを楽しみにしている場合が多いです。そのため、モンスターペイシェントへの対応をあまり神経質に考えないという気持ちも必要となります。対応方法は他にもあります。・・・〈http://monsterpatient-committee.com